人気No. 1レミーマルタンの魅力を紹介

2017年04月01日 11:18

コニャックを代表する「レミーマルタン」


画像引用元:https://www.sakekaitori.com/purchase-list/brandy/cognac/remy-martin/

フランスのコニャックと呼ばれる町とその周辺で作られるブランデーは、ブランデーの中でも有名で非常に価値が高く、人気があります。
そのコニャックに分類されるお酒の中でも最高級であり、人気も不動のものとなっているのがレミーマルタンです。

レミーマルタンは人の名前。
今はブランデー製造の会社として認識されていますが、元々はマルタンさんが作ったものです。
初めてブランデーの販売を始めたのが1724年ですから、歴史も相当のものですね。

作られる地区をさらに限定し、他のブランデーとは異なる方法で蒸留。
ろ過しないで蒸留しているので、まろやかさが違います。
これがクセになる美味しさで、人気となっている理由でもあるでしょう。

ちなみに、作られる地区を限定することについてですが、コニャックはさらに地域を細分化し、それぞれでランク分けされているんです。
その中でもランクが高いのが、「グランド・シャンパーニュ」「ブティット・シャンパーニュ」

レミーマルタンは、この2つの地区で作られたもののみに与えられる称号のようなもの。
さらに原料も最高級のもののみを使うことで、高い品質を保っています。

このブランデーの最大の魅力は、この原材料と製造方法への強いこだわりと言ってもいいのかもしれません。

買取価格は他のブランデーの遥か上


お酒買い取り業者は、レミーマルタンを買い取るためなら高い買取価格を提示することも厭いません
ブランデーの中でも飛び抜けて高い価格で取引されますから、そのまま家で眠らせておくのはもったいない。
すぐにでも査定してもらうべきでしょう。

「ルイ13世」と名付けられたブランデーは10万円以上の価格で買い取ってもらえることも珍しくなく、それがブラックパール仕様なら100万円超えもあるという超高級品

比較的手に入れやすい「XO」でも、グリーンボトルと呼ばれる旧ボトルのタイプだと2万円や3万円という価格で買い取ってもらえるでしょう。
通常の「XO」でも5,000円程度の値はつけてもらえます。
「ルイ13世」がずば抜けて高いので「XO」がちょっとこじんまりと見えるかもしれませんが、流通価格が1万円ちょっとであることを考えると、かなり高い割合で買取価格をつけてもらえることがわかるはず。

お酒買い取りの場合、普通は流通価格の半分もつきません。
それだけレミーマルタンは人気があるということです。

他にもこの銘柄は高額買取対象となっている商品がたくさんあるので、もし家に眠っているのであれば引っ張り出して査定に出してみましょう。
味もいいですが、売っても大きな得をする、そんなブランデーであることは間違いありませんよ。

  • 1