長い歴史に裏付けられたヘネシーの価値とは

2017年06月09日 11:29

高級ブランドとして世界的に有名で大人気


画像引用元:http://www.okoku.jp/items/index/013221000008868522


ブランデーの製造・販売を行っている会社は長い歴史を持ったところばかり。
ヘネシー社もその一つです。

この会社が誕生したのは1765年のこと。
誕生の地は、これも数多くの高級ブランデーを生み出してきたフランスのコニャック地方。
コニャックで作られるブランデーの中でも高い人気を誇り、世界中にその名を轟かせているブランドの一つです。

コニャック地方で作られたブランデーは、VOVSO、そしてVSOPとランクが付けられています。
VSOPが最も高いのですが、その上にXOと呼ばれるランクを作ったのが、このヘネシー社。
統一されたランクではないものの、それだけ高級で価値が高いということを誇示しているとも言えますね

世界的に人気があるのは、この会社が世界展開をいち早く始めたからでもあります。
アメリカに流通させたのが1794年ということですから、とてつもなく早くに世界進出を果たしたことになります。

これだけの長い歴史と、期間だけではなく積極的な格付けや流通チャネルの開拓。
こうしたものがあったからこそ、このブランドの価値が非常に高まったのかもしれません。

ヘネシーの中でも買取価格の高いブランデーを紹介


画像引用元:http://red-bacchus.com/brandy/ヘネシー-hennessy-リシャール-完備-緑箱-ブランデー-.html

ヘネシーのブランデーが家にあるという人は、お酒買い取りに出すことを検討してみてはどうでしょうか。

というのも、お酒の種類によってはなかなかというか、かなり高い買取価格を提示してもらえることがあるんです。
そのまま家に放置は絶対にもったいない!

例えば「リシャール」、これを持っていれば、10万円以上で買い取ってもらえるんです。
お酒買い取り業者も買い取りに力をいれているブランデーの一つで、15万円くらいまで買取価格が高騰することも珍しくはありません。

同じくらいの買取価格になりそうなのが「ファーストランディング1868」です。
これは記念ボトルの一つで、お酒買い取り業者次第では20万円から30万円になることも。

「XO」は日本人にも人気でかなり出回っていますから、持っている人も多いのでは?
これはグリーンボトルのゴールドキャップタイプなら2万円超え、クリアボトルのゴールドキャップタイプなら2万円弱で買い取ってもらえるでしょう。

「XO」でもバカラのクリスタルボトル仕様なら4万円は超えてきます。

中身も大事だけどボトルや仕様によっても買取価格が大きく上下するヘネシー
持ってるけど価値がよくわからない、そんな人はお酒買い取り業者に是非尋ねてみてください。

  • 1